So-net無料ブログ作成
検索選択

「異議!」…船医の証言に食い下がる弁護人 次回は被告人質問 SS元船長第2回公判ライブ(産経新聞)

【法廷ライブ SS元船長第2回公判】(8)完

 《環境保護を標榜(ひょうぼう)する米団体「シー・シェパード(SS)」元船長のピーター・ジェームス・ベスーン被告(45)が調査捕鯨船団の第2昭南丸に撃ち込んだ酪酸(らくさん)で負傷したとされる男性乗組員を診察した調査捕鯨船団の船医が、検察から証人尋問を受けている》

 《検察官は、船医が乗組員を診察した様子を明らかにしていく》

 《D船長(法廷では実名)から、けが人に関するメールが届いた。船長の説明では、○○さん(同)が最もひどかったという》

 検察官「(○○さんの)左ほほがじくじくしているという報告は受けましたか」

 証人「うーん。左ほほというのは、まぶたからほほにかけてという表現でしたので」

 検察官「D船長から伝えられたということでよろしいですか」

 証人「はい」

 検察官「2月11日にメールが届き、13日に無線で問診したということでよろしいですか」

 証人「はい」

 検察官「先生がさきほど、弁護人からの質問に対して、これで大丈夫と思ったのでこれ以上診察もしなかったとおっしゃいましたよね」

 証人「はい」

 検察官「最初の所見とはいつのことですか」

 検察官「『大丈夫だなあ』と判断したのは、(2月)12日です。11日は内心、大丈夫かなあと思っていましたが」

 検察官「もし実際に、先生が○○さんを対面して診断した際に、診断結果が変わる可能性はありますか」

 証人「このケースでは…」

 弁護人「異議!」

 《弁護人が仮定の推測に基づく質問だと異議を申し出たが、裁判長はそれを棄却した》

 《一連のやりとりがベスーン被告に通訳され、検察官は尋問を再開した》

 検察官「もう一度おうかがいします。対面して診察したら診察結果は変わりましたか」

 証人「特に変わらないと思います」

 《ここで、傍聴席から向かって右側の裁判官の尋問に移った》

 裁判官「対面診断ではなく、無線診断は船医としてよくあることですか」

 証人「いえ、今回が初めて…。船長の方からコンサル(相談)依頼がある場合は医療相談として応じます。11、12日は医療相談で、13日は診療と考えています。そういうことは今回をのぞいてありません」

 裁判官「写真や無線からアドバイスした後、症状が悪くなったとか、見立て違いだったこととかはありますか」

 証人「特にありません」

 《続けて、多和田隆史裁判長が尋問する》

 裁判長「診察を受けるとお医者さんは診療録をつくりますね」

 証人「はい」

 裁判長「今回は医療相談ということですが、経過については、診療録のようなものをおつくりになられたんですか」

 証人「はい」

 裁判長「それはどういうものですか」

 証人「診療録は各乗組員に1部ずつつくっています。紙のカルテです。(そのほかに)クリニックでその日一日どういうことがあったのかというのもあります。2種類で処理しています」

 裁判長「D船長から受けた被害報告や、○○さんから受けた内容は書き留めていましたか」

 証人「はい」

 《べスーン被告は、ほおづえをついて、目をキョロキョロさせている。落ち着かない様子だ》

 裁判長「検察官に供述したときは、メモ類に基づいて供述したのですか」

 証人「はい」

 《裁判長の質問が終わり、弁護人が再び、尋問を始めた》

 弁護人「診療録は検察庁に提出しましたか」

 証人「特に提出は求められていません」

 弁護人「診療録を見ながら、答えたのですか」

 証人「時々、確認はしました。コピーを持参して取り調べを受けました」

 弁護人「終わりました」

 《弁護側が質問の終了を告げた》

 裁判長「長時間お疲れさまでした」

 《裁判長が証人をねぎらった後、弁護側の証拠請求手続きが行われた》

 裁判長「次回は5月31日午前10時から被告人質問を行います。本日の審理はこれで終わります」

 《傍聴人が先に退廷を始めると、ベスーン被告は、脱いでいた黒いジャケットに袖を通し、弁護人と言葉を交わしていた。次回の被告人質問について打ち合わせているのかもしれない》

 《次回の公判で行われる被告人質問で、ベスーン被告の口から何が語られるのだろうか》   =(完)

【関連記事】
特集「シー・シェパード第2回公判」
特集「シー・シェパード第1回公判」「ヒャッホー」とガッツポーズ
SS代表「結論は分かっている。公正な裁判ではない」
SS船長初公判 NZでは「世界最速の英雄」「日本は船を沈めた責任を負うべきだ」
「シー・シェパード代表は間違っている」「家族恋しい」拘留の被告が激白 

レンタサイクルで自転車用ナビもお貸しします――オリックスレンタカー(Business Media 誠)
トヨタ、レクサス4509台リコール届け出(読売新聞)
障害者自立支援法改正案が可決、利用者負担見直し(医療介護CBニュース)
普天間「すんなり行くかどうか」=地元との調整懸念―小沢氏(時事通信)
24歳夫婦、生後数か月の長女を暴行・重傷(読売新聞)

田島みわ氏が三社祭で始動(スポーツ報知)

 参院選に自民党の比例代表で出馬する、元セクシー女優・田島みわ氏(46)が15日、浅草の三社祭で本格始動した。日本文化の継承を掲げて結成したお祭り女軍団「美和連」とともに、千束通り商店街で「上を向いて歩こう」を熱唱。「人生は楽しいことより、つらいことが多いけれど、地道に頑張っていればきっといいことがある」と信念を語り、神輿(みこし)も担いだ。この日は党本部から「各自、ゆかりのある場所で街頭活動を」という指示があったという。党のイベントではなく、候補者個人としての街頭はこの日が初。「多くの人に演説を聴いていただき、ありがたかった」。

 【関連記事】
田島氏“お祭りガールズ”結成
浅草で三社祭 威勢良くみこし約100基練り歩き

採用半減、閣議決定先送り=国家公務員、一部府省から異論(時事通信)
27日に高齢者の政治参画を考えるフォーラム(医療介護CBニュース)
心電図送信機のチャンネル番号入力間違えで医療事故(医療介護CBニュース)
もう一つのW杯、弁護士サムライ熱く 大阪弁護士会の“得点王”が最終調整(産経新聞)
たちあがれ、片山虎之助氏を擁立(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。