So-net無料ブログ作成
検索選択

介護福祉士の養成課程に関するパブコメ結果を発表−厚労省(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は4月26日、「介護福祉士の資格取得方法の見直し」についてのパブリックコメントの集計結果を発表した。

 募集されたのは、6か月(600時間)以上の養成課程の受講が、介護福祉士の資格取得の要件に加えられたことに対する意見。募集は、3月5日から4月4日にかけて実施され、2423件の有効回答が寄せられた。

 6か月以上の養成課程に対する認識では、「一定の養成課程は必要であると思うが、6か月以上では長すぎる」とする意見が、全体の42.6%(1032件)を占めた。また、介護福祉士を目指す人に対する支援策については(複数回答)、「身近な地域で受講できる環境が必要」が59.7%(1446件)で最も多く、次いで「受講費用を助成する仕組みが必要」が43.9%(1064件)、「単位制を取り入れ、段階的に受講できるようにするなど、受講者のやる気を引き出す仕組みとすべき」が37.3%(903件)となった。

 6か月以上の養成課程に対する認識について回答者属性別に見ると、「介護福祉士」「介護福祉士の資格を持たない介護サービス従事者」とも「一定の養成課程は必要であると思うが、6か月以上では長すぎる」との回答が最も多かった。

 一方、介護サービス経営者や介護サービスを利用する家族からの回答では、「介護分野の現状に即して、6か月以上の養成課程の実施は当面見合わせるべきである」という意見が最も多く寄せられた。医師、看護師などの病院関係者では、「介護福祉士の資質向上のため、6か月以上の養成課程が必要である」と「一定の養成課程は必要であると思うが、6か月以上では長すぎる」との回答が同数だった。


【関連記事】
外国人介護士候補者の滞在期間「もう少し長く」―仙谷担当相
介護福祉士国試、合格者7万人超で過去最高―2回連続減から一転
介護人材の養成の在り方で議論―厚労省検討会が初会合
介護従事者処遇状況調査の結果など報告―介護給付費分科会
社会福祉士合格率27.5%、PSWは63.3%

舛添氏10日間の結党劇 “次期首相”1位 孤立化の末(産経新聞)
高速新料金、深まる対立…内閣一元化揺らぐ(読売新聞)
「舛添新党」に余裕のエール=鳩山首相(時事通信)
「石のまち」から大変身 千葉・金谷がデートスポットへ(産経新聞)
普天間「政府の立場で決定」=首相(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。